株式会社平山個人投資家の皆様へ

IR情報へ戻る

2018年6月期 業績ハイライト

セグメント別の状況

インソーシング・派遣事業

インソーシング・派遣事業におきましては、輸送用機器、住設関連、食品関連分野からの受注は引き続き堅調に推移いたしました。
地域的には、前期より西日本エリアを強化してきた成果が現れ、電子部品、自動車関連の大手企業を中心に新規顧客の開拓が進んだことなどから、収益に貢献いたしました。また、主力取引先の取引単価改正も利益改善に寄与いたしました。採用面では、無期雇用化を進めたことから順調に採用が進捗いたしました。
この結果、売上高は10,471百万円(前期比15.5%増)、セグメント利益は1,039百万円(同33.2%増)となりました。

技術者派遣事業・海外事業・その他事業

技術者派遣事業は、輸送機器分野、半導体製造装置分野での需要が堅調に推移しました。新卒採用、海外人材の採用など、人材確保に関し様々なチャネルへの展開を行い、確実に実績が出始めました。海外事業では、主力のタイ国で経済の緩やかな回復が見られ、インソーシング化の提案とともに値上げ交渉を続ける一方、販売管理費の削減を進め利益率の改善に努めました。ベトナム国では、現地視察研修や技術者紹介に取り組みました。その他事業では、現場改善コンサルティング事業で、国内外からの引合いと大手企業からの依頼が急増し、海外スタディーツアーは、マレーシア、中国等からの引合いが続き、好調に推移しました。
この結果、売上高は3,121百万円、セグメント利益は40百万円となりました。

  • 売上高
  • 営業利益
  • 経常利益
  • 親会社株主に帰属する当期純利益
  • 総資産
  • 純資産

PAGE TOP