社長メッセージ

ご挨拶

株式会社平山 代表取締役社長 平山善一

現在、製造業は好景気が続き人手不足が国内生産に深刻な影響を及ぼしています。その中で内閣が推進する働き方改革により、企業に対して風土や文化、労働への考え方を見直し、労働環境を改善する対応が求められています。

また、国が働き方改革を掲げるにあたり、安倍総理大臣は「世の中から『非正規』という言葉を一掃していく。」と述べ、「同一労働同一賃金ガイドライン案」を示しています。このガイドラインに基づき、今年中に企業が遵守するための法律整備が行われることとなります。

我々業界も企業の協力を得ながら、雇用条件や福利厚生の改善、キャリアアップ等の派遣・請負社員のニーズに応え、社員の希望と実態のギャップを埋めていく必要があります。

さらに、外国人の雇用をこれまで以上に推進し、一時的な雇用から、長期の視点を見据え、如何に職場をグローカル化し共生していくかも喫緊の課題だと考えます。

一方、国はイノベーションSociety 5.0というスローガンを掲げ、IoTを活用した新たな社会創りを推進しています。
我々業界も戦略転換により、人材不足を補完する成長戦略を創造し、IoT人材の育成による、ものづくり力、生産管理力、品質管理力を高め、ものづくりの日本回帰を支援していくべきだと考えます。

弊社は、設備と敷地を持たない製造業として、改善コンサルティングと製造請負の融合を進めてきましたが、これからの新たな強みとして、IoTソリューション事業を加え、生産実行管理システム(MES)を提供できるシステムインテグレーター機能を持った企業に進化することに経営資源を最優先で投資してまいります。

ページトップへ戻る